肌状態や体質・タイミングによっては脱毛サロンで断られるケースもある?

肌状態や体質・タイミングによっては脱毛サロンで断られるケース

顧客獲得に必死なイメージのある脱毛サロンですが、実はすべての人が脱毛できるわけではありません。

 

そのため人によっては、施術を断られてしまうケースもあるのです。

 

脱毛したいけどどうしようかなと迷う以前の問題で、契約できないこともあるので、断られるケースに当てはまっていないかチェックしておきましょう。

 

皮膚に疾患やトラブルがある人

 

脱毛部位にアトピー性皮膚炎や日焼けをしている場合は、施術が受けられないことがあります。

 

また「アトピー」や「日焼け」に限らず、傷があったりひどい炎症が起きている場合でも、施術は受けられません。

 

ですので、皮膚が健康状態に問題がある方は、カウンセリング予約の際などに一言伝えておきましょう。

 

何も言わないでカウンセリングを受けても、脱毛できないとなったら時間の無駄になってしまいます。

 

ただし絶対に施術を受けられないということではありません。トラブルの場合、症状が改善すれば問題ないので、症状が落ち着いたらカウンセリングを受けましょう。

 

アトピー性皮膚炎であっても、医師が脱毛を許可すれば施術してもらえます。

 

その際には「同意書」などが必要になるので、これも事前に確認しておくといいですね。

 

妊娠中や出産して間もない人

 

ムダ毛の成長は女性ホルモンの影響を受けています。そのため妊娠中や出産後時間が経っていないなどホルモンの分泌量が不安定な時は、脱毛できません

 

特に妊娠中は肌が敏感になっている方も多く、普通なら問題ない施術でも肌トラブルが発生しやすいと言われています。

 

出産後であっても、母乳育児をしていると女性ホルモンの分泌量が普通の体とは違うため、脱毛効果が出にくくなります。

 

これは生理中にも当てはまることで、女性ホルモンのバランスが崩れているタイミングでは施術を断られるのが一般的です。

 

ですが生理が終わったり、母乳育児が終われば脱毛できます。タイミングで断られるだけなので、時期が来るまで待ちましょう。

 

脱毛サロンの施術は出力レベルが低く肌に優しいので、乾燥肌や敏感肌の方でも施術が受けられます。

 

ただしお店によって肌の状態や体質、タイミングなど受けられる規定がありますから、何かある方は事前に相談しておくのがベストです。

全身脱毛サロンランキング
page top