脱毛サロンで痛いのは光の照射ではなくシェービング?その真相とは?

脱毛サロンで痛いのは光の照射ではなくシェービング?その真相とは?

脱毛サロンの痛みは、一般的に光を照射することにより発生する熱が原因と言われています。

 

電気シェーバーを持つ女性

 

しかし、光の照射ではなくシェービングが大元の原因という意見もあります。

 

本当にシェービングに原因があるのか、真相に迫ってみましょう。

 

シェービングと痛みの関係

 

施術の痛みがシェービングにあると言われるのは、やり方が原因となっているようです。

 

シェービングというとカミソリで行うイメージがありますね。

 

確かに、むだ毛の自己処理のシェービングはカミソリでするのが一般的です。

 

しかし脱毛前のむだ毛処理では、電気シェーバーを使うのが基本です。

 

カミソリで処理をしてしまうと、肌の角質が剥がされてしまいバリア機能が低下します。

 

すると、肌の水分量が減少してしまうため、刺激に敏感になることで痛みを感じてしまうのですね。

 

またカミソリは肌に目に見えない傷をつけるので、炎症が起こっているかもしれません。

 

肌トラブルがある状態で施術を行うことも、痛みの原因となります。

 

シェービングによる痛みへの対策法

 

光脱毛では、必ずシェービングをしてむだ毛を短くしておく必要があります。

 

むだ毛が長い状態で施術を行うと、毛根部分まで熱が伝わりません。

 

また、肌の表面でむだ毛に高熱が発生するとやけどのような状態になってしまいます。

 

脱毛効果のためにも安全のためにも、シェービングは欠かせないので、痛みへの対策を行っておきましょう。

 

  • カミソリではなく電気シェーバーを使う
  • シェービング後はしっかり保湿をする
  • 電気シェーバーは常に清潔にしておく
  • 不用意な摩擦やダメージを与えない

 

正しいシェービングと肌を守るケアをしていれば、脱毛サロンでの痛みを緩和することも可能です。

 

とりあえず剃っておけば良い、ケアは脱毛サロンでやってくれるというような考えだと痛みは解消できません。

 

痛みを感じるということはそれだけの負担がかかっているので、シェービングのやり方には注意してください。

 

脱毛の痛みは脱毛器のせいだけではなく、他のことが要因になっていることも少なくありません。

 

シェービングも要因の一つとなっているので、正しい方法で処理をしましょう。

全身脱毛サロンランキング
page top